FC2ブログ

コンビブレーキ調整

旧タイプな機械式コンビブレーキ付き車両の調整をしました
(※後輪ブレーキを掛けると同時に前輪ブレーキも程良く掛かるブレーキシステム)

「ブレーキランプが点灯しっぱなしで消えない」 という修理

ブレーキランプ点灯しっぱなしには幾つかの原因が考えられます

今回はコンビブレーキの調整不良

旧型コンビブレーキには多くなってきている事例

stop01.jpg
写真は普通に後輪ブレーキを掛けた状態(左手)

部分にブレーキランプのスイッチがあります

中心の部分が出たり引っ込んだりしてON/OFFを行なっています










stop02.jpg
リヤブレーキレバーから手を放した状態

ブレーキレバーが最後まで戻りきらず、ホルダーとレバー間に隙間が生じスイッチがOFFしない
(ワイヤーやレバー等がスムーズに動くことが前提です)



stop04.jpg
フロントのカバーを外し調整

手前がフロントブレーキ(右手)、奥がリヤブレーキレバー(左手)側



stop5.jpg
如何せん、狭くてやりにくい 

メガネレンチを改造した自作の工具を使用しロックナットをゆるめ、アジャストボルトを回して調整

ブレーキケーブルを交換した際には必ず調整しなければならない

今回のようにワイヤーが伸びてきたときにも調整は必要です



stop3.jpg
コンビブレーキ調整後は完全に戻るようになりました 


PS.ここの所の天候不順で、通学自転車の納車が大幅に遅れている 

まるで吉日ばかりを選んで雨が降っているようだ  

天気ばかりはどうしようもないが・・・

明日の大安吉日は すっきりと晴れてほしいものだ!! 


スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2012-03-07 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる