FC2ブログ

黄金の翼を持つバイク

ホンダ GL1500 GOLD WING の車検整備をしました

gl2.jpg
10年以上交換していないフロントタイヤのひび割れを発見!

経年劣化というやつですね 



gl1.jpg
石鹸水を吹き掛けてみるとジュクジュクと空気が漏れてきました 



gl4.jpg
チューブレスエアバルブもバックリと割れていました

バルブもタイヤも、車重のあるバイクや加速が良いバイクの方が当然割れる確率が高いので、マメに点検しましょう!!

バイクと路面との唯一の接地面であるタイヤとそれを支える空気圧(圧を保持するエアバルブ)

どちらも重要ですね
 



gl5.jpg
半分ぐらいの位置まで亀裂が入っていました

このバイクには、バルブをホールドするパーツが付いていましたが、ここまで割れるとは!



gl6.jpg
タイヤ交換と同時にチューブレスエアバルブを交換しました

エアバルブの所に付いてるのが、リムバルブホルダーという部品です



gl7.jpg
バッテリーも弱っていましたので、お客様と相談の結果交換しました

万一、バッテリーあがって押す事になったら一大事ですもんねぇ~ 

ゴールドウイングは軽く500Kgを超えてます! 



gl8.jpg
バッテリーの電解液がマジックでいたずら書きした所までしか入っていませんでした

今回のバイクは、今流行のMF(メンテナンスフリー制御弁式)バッテリーでは無く、

栓が開き、電解液を補充する事が可能な開放式のバッテリーでした

電解液は減りますので、たまに点検してアッパーレベル(上側の線)とロアーレベル(下側の線)の間まで補充しましょう!

たまに満タンに入れてる方がいらっしゃいますが、入れ過ぎも良くないです

また、このタイプの開放式バッテリーを車体に搭載する時はバッテリー本体の横に排気口が付いていますので、必ず排気ホースを確実に取り付けましょう!!

排気ホースがねじれていたり、折れてたりすると、火災や爆発の原因になります!




スポンサーサイト



テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

2011-09-30 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる