FC2ブログ

改善対策No.461



スズキ アドレス110(CE47A) 


改善対策No.461 と12ヶ月点検を実施しました。



最悪の場合の不具合内容:①ベルト駆動用プーリーの固定ナットの締付け方法とトルク設定が不適切なため、ナット緩み→異音発生→走行不能になる。 ②イグニッションスイッチの製造不良により、通電時の温度上昇→はんだフラックスが軟化し接点表面に広がりスイッチが接触不良となり、エンジンが停止する恐れがある。

改善対策内容:①プーリー固定用ナットを対策品に交換、規定締め付けトルク変更。 ②イグニッションスイッチを対策品に交換。

201801131.jpg
まずはじめに、イグニッションスイッチの交換をしました。



201801132.jpg
アドレス110のスイッチのカプラーは、1個と2個の2タイプが存在するようです。

この車両は、カプラー2個タイプでした。



201801133.jpg
今回の改善対策では、ムーバブルドライブプレートも交換しました。



201801134.jpg
ドライブプレートとクランクシャフトのスプライン接合部のガタを点検中。

1歯は約5.1°だそうで、これ以上ガタがある場合、要クランクシャフト交換となるようです。

12ヶ月点検項目である、ドライブベルトの摩耗や亀裂も点検。 

 

201801135.jpg
両面とも角が取ってある、左側のナットが対策品です。

ナットの厚さ、6mm→7mmに変更されてます。



201801136.jpg
エアクリーナー・・・メッチャきれい・・・。



201801137.jpg
フロントディスクブレーキキャリパー点検とブレーキパッドの残量点検。


プラグやエアクリーナーやパッド等の使用限度は、それぞれの使用状況などで変わってくるが、点検時のパーツの状況、走行距離などと照らし合わせることで、ある程度の交換時期予測が出来ますので、たまには愛車の点検をしてあげましょう。 



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2018-01-13 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる