FC2ブログ

熱にヤラレル




ホンダ フォルツァ 



「水温計がすぐに振り切れる」 という症状の修理依頼でした。 


ラジエター液がカラッポになっていました・・・。


2015112112.jpg
ラジエター液漏れより先に、エンジンオイルが漏れているのを発見してしまいました。  



201511211.jpg
取り敢えずオイルとラジエター液を規定量にして、漏れの場所を確認しました。



2015112111.jpg
エンジンオイルは、ヘッドカバーのガスケット(Oリング)から漏れていました。 



2015112110.jpg
ラジエター液漏れの場所がなかなか見つからなかったが・・・。 (1日目判らず・・・)

どうやら、メインスタンド時より、サイドスタンド状態&乗車時の方がホースの曲りがきつくなって漏れてくるようだった。

キャブレターに繋がる2本のウォーターパイプのうち、奥のホースから漏れているのをやっと確認。



201511212.jpg
サービスマニュアルでは、ヘッドカバーのOリング交換にはエンジンを車体から取り外さなければならないと書いてあったが・・・。



201511213.jpg
下方をジャッキで支え、エンジンを取り付けているシャフトを抜き、エンジンを2cmほど後方にずらし・・・。



201511214.jpg
ヘッドカバーの取り外しに成功しました。

ガスケットであるゴム製Oリングは、熱でヤラレてポッキポキになっていました。



201511215.jpg
折れてヘッドに残る固くなったOリング。



201511216.jpg
ヘッドカバーからガスケットOリングを取り去る。



201511217.jpg
Oリングを交換して、ヘッドからのオイル漏れ修理完了しました。



201511218.jpg
ラジエター液漏れの主原因のウォーターホース。

キャブレターの真下、シリンダーの直近上に位置しているので、熱にヤラレてカッチカチでした。



水温計の針は中央付近で安定。


スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2015-11-21 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる