FC2ブログ

水分除去~乾燥




ホンダ スーパーカブC110  水没車両考察。

20150922002.jpg
オイルポンプ。 すべてのオイルの流れはココから始まり、エンジン各部に圧送されます。

吸い込んだオイルに白濁が見られ、全体に回っている可能性が高いと思われる。

オイル通路&エンジン内各部の白濁オイルを出来る限り除去しました。



201509221.jpg
この車両は、シート上まで完全水没した車両なので、当然タンク上面にも泥水。



201509222.jpg
フューエルフィルターも変色しているように見えます。 清掃後乾燥。



201509223.jpg
タンク内部にも泥水侵入。



201509224.jpg
泥水除去清掃し、乾燥させました。



201509225.jpg
車体に装着し、フューエルポンプを装着。



201509226.jpg
タンクキャップ。 水分除去後乾燥。



2015092201.jpg
ライトケース内にも泥水。



2015092202.jpg
H4カプラーにも泥水。



20150922001.jpg
ライトレンズ内をジャブジャブ水洗い。   

タオルでレンズ内部の水分除去→完全乾燥。


   
20150922003.jpg
ハーネス部のカプラーというカプラーの水分除去→完全乾燥。



エンジン始動に一応成功!


エンジン音異常無し、アイドリング良好、灯火類各部正常、走行時緩衝装置不具合無し・・・。


水没~復活エンジンがいつまでもつかは不明・・・。 



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2015-09-22 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる