FC2ブログ

ヘンダ



自転車のタイヤの話。 


ここ近年、まるで〇〇族?のように、暑くなると増えてくる事例。   

201407131.jpg
まだタイヤの溝は残っているのに、バースト?



201407132.jpg
タイヤ性能のすべてを決めると言っても過言ではない、ベースとなる糸そのものが切れていた。



201407133.jpg
中国〇ENDA製。  (薄消し仕様・・・)  

このメーカーは某バイクメーカーのOEMタイヤ指定にもなってる・・・確かな技術力はある筈・・・

やれば出来る子なのに、手を抜いているんだろうか?


 
201407134.jpg
こちらのタイヤも、大きな破裂音と共に破裂した模様。



201407136.jpg
各所で、カーカス(ベース糸)からゴムが剥がれていた。



201407137.jpg
こちらも〇ENDA製。  なんかヘンだ。

大量発生しないことを祈る。 



当店 菊地サイクルが、通常修理用に使っているブリヂストン製タイヤの摩耗例。
201407138.jpg
ここまで使っても、カーカスからゴムが剥がれる気配は無い。(じつはこのタイヤも中国製)

最低でも、このぐらいのレベルは譲れない・・・

何が違うのだろう?  手抜きなんだろうか?  

コストのためなら、安全性能が犠牲になってもしょうがないのだろうか?


本記事は、決して、〇ENDAタイヤをけなし、BSタイヤを推奨するものではありません。 




          安物買いの銭失い・・・。 



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2014-07-13 : 自転車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる