FC2ブログ

三往復


今日は、三輪車(トライク)を修理するのに、三往復しました。


南風強風吹き荒ぶ中、お客様が御来店・・・

お客様:「中国製三輪バイク(100ccくらいかな~?)のエンジンがかからない」

俺:「海外製バイクは直すことが出来ない」 と一度はお断りした。

しかし、直せるかどうかわからないのを前提に、とりあえず引き取りに行く。(一回目)

ナンバープレートから250ccクラスの車両だったので愕然・・・

しかも、車高が低過ぎて積み込みが出来そうに無かった。

某ヤ〇ハの某〇ジェスティに酷似していたが、俺には製造国&車種名は判別出来なかった。


とりあえず、MFバッテリーだけ交換して、という事になったのだが・・・

どう見てもバッテリーケースに比べ二回りは小さく、マ〇スティ用のバッテリーとも違った。

大体のバッテリーケースの大きさを測り、古いバッテリーもお借りして一旦帰還する。


バッテリーカタログで、ケースに合うサイズのMFバッテリーを探すが該当品無し・・・

埒が明かないので、とりあえずバッテリー屋さんに向かうも・・・

そんなサイズのMFバッテリーは無いとな・・・(開放型に近いサイズのようだった)

ケースに入るギリギリな大きさのMFバッテリーを仕入れお客様の元へ・・・(二回目)


バッテリーを交換したら、あっさりとエンジンは始動したのだが・・・

しばらくすると、周囲にガソリン臭が漂い始めた。(芝生の上だったので分からなかった?)

再度エンジンをかけてみると、ステップボード下部付近からガソリンがピューピュー吹き出ていた。

カチンカチンに硬くなったフューエルホースが割れているのを確認。 


二度ある事は三度ある・・・



201405081.jpg
フューエルホースとデジタルカメラを持参し再訪。(三回目)



201405082.jpg
ガソリン用のホース?にしては細くて心細い、カッチカチになったホース。

太さも全然違うので、抜け防止クリップも当然太い物に変更しました。


三度目の正直で、めでたく修理が完成しましたとさ。 


目的に合ったホースの使用&定期的に交換しましょう!







スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2014-05-08 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる