FC2ブログ

けーやんの忍者 復活への道



忍者復活への道 序章


これは、けーやんが、カワサキGPZ900Rを十数年振りに復活させる物語である。


昨年末に預かったのだが、「ゆっくりでいいよ」という寛大な御言葉に甘えて  今頃に至る。


nin1.jpg
何は無くとも、バイクというは動いてナンボ、乗ってナンボってものなので・・・

まずは、エンジン音を確認したいので、キャブレターの分解を開始。



nin2.jpg  
キャブレター内のガソリン腐食具合の確認。 



nin3.jpg
清掃後、各気筒毎に付いていたところにジェット類を元に戻していく。



nin4.jpg
カチカチなガスケットを交換。



nin5.jpg
カチカチなフューエルホースも交換。

いざ、エンジン始動するべと、車両に装着する。



nin6.jpg
キャブが付いたからと言って、いきなりクランキングさせてはいけません!

数年振りで、完全にオイルが下がり乾ききっているので、いきなりのエンジン回しはNG。

エンジン内の各パーツが傷だらけになってしまいますからね~。



nin7.jpg
カムシャフト回りなどに、エンジンオイルを振り掛ける。

プラグホールから、ピストン&シリンダー部へオイルを注入。

ヘッドカバーをかぶせ、バッテリーを取り付け、セルボタンを押す。(緊張の一瞬です)

クランクは元気良く回ったが・・・火花が出ない! じぇじぇじぇ!

どうやら、十数年のうちにイグナイターが壊れたようだった。



nin9.jpg
イグナイター、ピックアップコイルとともに、カチカチになっていたプラグコードのイグニッションコイルも交換することになった。

イグニッションコイルの形状がスリムに変更されていた。

さすがに新しいハイテンションコードは柔らかく、気分は正にハイテンションや~。 



nin8.jpg
強力な火花で、エンジンは一発で蘇った。

再度、ヘッドカバーを開け、オイルがちゃんと回って来ている事を確認。

ヘッドカバーは塗装に出す予定なので、そのまま梱包となった。 



nin10.jpg
預かった時点で、開けることがど~してもことが出来なかった、問題の開かずのタンクキャップ。

無理やり、なんとかこじって開ける事に成功した。 



nin11.jpg
周囲に漂うガソリン腐臭。 



nin12.jpg
フューエルコック。



nin13.jpg
フューエルセンサー。



nin14.jpg
もはや、ガソリンとは呼べない赤茶色の液体に沈んでいた錆の塊。



nin23.jpg
ハナサカGで錆取りを行なうこと4回、やっとここまで来た。



nin15.jpg
コック&センサー。  どちらも、微妙に形や色が変更されていた。



nin16.jpg
特に、センサーを取り付けるボルトは激変(パッキン形状変更のため)していた。



nin22.jpg
新品タンクキャップにキーシリンダーの移設開始。



nin24.jpg nin25.jpg
①                             ②



nin26.jpg nin27.jpg
③                             ④



nin28.jpg
とにかくばらす。



nin29.jpg
ようやく、キーシリンダーが外せるところまで辿り着く。



nin30.jpg
このプレートを押し込めば外れる事になってはいるんだが・・・

腐ったガソリンが接着剤のようになっていて、すんなりマニュアル通りに簡単にはいかない。



nin31.jpg
これが欲しかったんだZ。 使うのはここだけさ~。

これを得る為に、どんだけ時間をかけたことか。



nin32.jpg
あっけなく秒殺にて装着。

今までの外すのにかかった時間を思うとあまりにも・・・世の中こういうもんさ。 



nin33.jpg
ラバーを装着。



nin34.jpg
キャップを取り付け、開け閉め数回繰り返す。



nin35.jpg
フューエルキャップも、元のツヤ有りからツヤ消しに変更された?

ガソリン漏れ点検のため、ガソリンを補給し、ただ今放置中である。



nin17.jpg
フロントブレーキキャリパー。

4つのピストンが均等に出てくるのが理想だが、バラバラで自由過ぎ、出て来ないヤツもいた。



nin18.jpg
清掃。  かなり汚れていた。

こちらも塗装するので、軽くシール溝等を清掃し梱包した。 





追記:左側のメインステッププレート(チェンジペダル側)の曲がり修正しました。
nin19.jpg
修正前。   アルミは無理やり曲げると、ある限界点に達するといきなり折れます。



nin20.jpg
修正後。   修正方法は個人店舗秘密ということで!  



nin21.jpg
スイングアームも塗装するので外していたら、チェーンスライダーが割れているのを発見。

プラスチックやゴム製品は、どうしても経年劣化でひび割れ等が生じ易いですね。



この後、フロントフォークは、「スクーデリア オクムラ」さんのMEチューン施行の為、愛知県へ。

塗装の方は、愛知県つながりで、「パウダーコート カトー」さんへと送られていった。

一ヶ月後の仕上がり具合が楽しみである。 



nin36.jpg
というわけで、こちらが今現在の状態。   

けっして、近未来のバイクの姿ではございません。 (大きな揺れが無い事を祈る・・・)



けーやんの忍者 復活への道  その2へ続く事だろう・・・



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2014-01-29 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる