FC2ブログ

エアハブ


今からちょうど10年前の、2004年1月に 「エアハブ」 が誕生し、速攻ご購入いただいた。


「エアハブ」とは、ハブに回転式エアポンプが内蔵され、チューブへと繋がったホースで、ペダルを漕ぐ毎に自動でタイヤに空気を適正に補充してくれるという画期的なもの。(ホイールが回転し出すと、小っちゃくポシュポシュって音がする)


2014011801_20140118211419fa7.jpg
前輪エアハブ。  見た目は何となく格好悪い・・・



2014011802_201401182114215fd.jpg
後輪エアハブ。  やっぱりダサいが、外見で判断してはいけない。

なんと、この自転車、お買い上げ頂いてから10年間、

一度たりともパンクは勿論、空気を入れた事が無いそう。


パンクの主な原因は、空気圧低下したまま乗車する事によるモノがほとんど。

(タイヤとチューブの摩擦による摩耗や、「リム打ち・スネークバイト」など・・・)


いかに空気圧が重要であるかの証明。  さすが「エアハブ」である。  


しかし、良いものは絶対流行るとは限らない。

また、流行っている(大多数が支持している)から良いもの(正しい)とも限らない。 



2014011803_20140118211424242.jpg
何十年か後、パンクの心配が無く、劣化も摩耗もしないタイヤは登場するのだろうか?



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2014-01-18 : 自転車 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる