FC2ブログ

冬支度


ヤマハ ビーノ モルフェ


ヤマハ純正のグリップヒーターを装着しました。


ここのところ、だいぶ寒くなってきましたね。

毎朝晩通勤やお仕事で使用する方には、グリップヒーターは必需品ですね。

molfe1.jpg
スッキリ・ピッタリ装着できる、メーカー純正のラインナップが増えてきました。



molfe2.jpg
ノーマルのスロットルグリップを外します。

このままだと、ワイヤーに余裕が無いので外すことが出来ません。 

無理やりNGです。  ワイヤー切れの原因となります。



molfe3.jpg
インジェクション側のホルダーを外すと余裕が出来て外し易くなります。

赤は完全脱着、青は緩めるだけでズラすことが出来ます。



molfe4.jpg
アクセル側の完了。 左側もキット品と交換します。



molfe5.jpg
電源をホーンの+側から確保します。



molfe6.jpg
ヒータースイッチの配線をマニュアル通りに接続。



molfe7.jpg
ヒータースイッチの動作を確認し、超前向きな冬支度完了しました。





PS.今日のMBX50。

まずはエンジンの様子を見る事にしました・・・

2013112800.jpg
意外にもキレイだったトランスミッションオイルを交換し、ラジエタークーラントを交換をしようとしたところ・・・リザーブタンクが凄い事になってるのを発見! 



2013112801.jpg
外して洗おうとしたら、ボルトの頭が浸食しててTレンチが掛からずタンクが外せない!



2013112802.jpg
なんとか外すことが出来た。 いきなり先制のジャブをもらってしまった。



キャブレターの清掃に着手。
2013112805.jpg
想像していたよりは、かなりキレイな状態だったが・・・



20131128040.jpg
やはり年には勝てず、エアスクリューもこんなに錆びていた。



20131128030.jpg
入庫した時、コックをONにするとオーバーフローさせていた犯人を見つけた。

ガソリンタンクのキャップを開けただけでガソリン腐臭がプンプンしていたので、てっきりキャブレターの中も凄い事になっていて、それが原因でオーバーフローを引き起こしていると思い込んでいた。

ところが実際は、フロートバルブに異物が詰まりオーバーフローしていただけだった。

幸運にもそれが功を奏し、長期に渡りフロート室にガソリンを溜める事無く、偶然にもキャブレター内はカラッポでガソリンが無いので腐るわけが無いという、なんともラッキーな状態をキープしていた。



2013112806.jpg
途中で折れていたチョークバルブの取り外しに成功。



2013112807.jpg
キャブレター組み立て完了。  エンジン始動良好確認。 
 



2013112808.jpg
エンジンがかかったという事で、俺のやる気スイッチもONしエンジンかかってきた。   

スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2013-11-28 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる