FC2ブログ

適当




ホンダ NSR250R SP (MC28)


「キャブレター周辺からガソリン漏れる」 という修理をしました。


キャブレター下部、ドレンチューブからのガソリン漏れを確認し分解開始。



正常に機能しているときの話・・・

nsr250001.jpg
仮に、ドレンボルトとドレンチューブと名付けた。

nsr250002.jpg
①オーバーフローパイプ
何らかの原因で先端部より上面にガソリンが上昇した場合、ドレンボルトを緩めることなくガソリンが①の内部からドレンチューブを通り外に排出してエンジン内への流入を極力防ぐ。  

②ドレンボルトの先っぽ
ドレンボルトを緩める事により、フロートチャンバー内に溜まったガソリンのほぼすべてをドレンチューブを通り外へ排除することが出来る。



しかし・・・

nsr250003.jpg
今回は、オーバーフローパイプの根元部分が腐って穴が開き、この部分からドレンチューブを通りガソリンが漏れていた。

これじゃあ、フロートチャンバー内に少量しかガソリンを溜められません。

フロートチャンバーSETを交換すれば、すんなり事は済んだのですが・・・


NSRも、世に出てすでに20年以上が経っていた・・・メーカー廃番!



nsr250004.jpg
適当な真鍮棒を使用し、適当に修理し漏れなく完了しました。  

ガソリンをフロートチャンバー内にたっぷり溜める事が出来るようになりました。


PS. ここで言う適当とは、いつものテキトーではなく、本来の適当という事です。 



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2013-10-21 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる