FC2ブログ

破壊



昨夜の雷雨は凄かった。   


プチ停電があったらしく、

朝起きてみると、金魚水槽の水循環モーターがエア噛みしてガラガラと空回りしていた。 




今日は、MF(メンテナンスフリー)バッテリーの交換をしました。

「セルボタンでエンジンかからない&キック降りない」 という修理。

バッテリー電圧は4.6V すでに8年以上が経過していて、充電での回復は不可能と判断。

2013082102.jpg
バッテリー端子の取付ボルトがものすご~く錆びてた。

どうやっても外れなさそうだったので・・・



2013082101.jpg
MCC製ボルトクリッパ450を使用し、今回は壊しやすいバッテリー端子側を破壊しました。


こんな事にならないように、必ず端子&ボルトにグリスアップ!


転ばぬ先の杖ならぬ、外れなくなる前のグリスアップ! 



※バッテリー豆知識

バッテリーは深い放充電(完全放電と完全充電)を繰り返したり、放電状態のまま放置するとバッテリーが破損したり、寿命を縮めたり、バッテリーの能力を低下させる。また、通常の使用でも約2~3年でバッテリーの能力が低下する。能力の低下(容量の低下)したバッテリーは補充電を行なえば電圧は回復するが負荷が与えられると著しく電圧が低下し、すぐにバッテリー上がりを起こす。 (バッテリーマニュアルより抜粋)



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2013-08-21 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる