FC2ブログ

秘境ツーリング


房総探検秘境ツーリングに行ってきました。


2013051804.jpg
大多喜町 いすみ鉄道 東総元駅近くの秘境その1。



2013051803.jpg
この先に田んぼがあるそうです。  ん~非常に残念ながら今回は断念。 

地元の軽トラックがビチョビチョになって通行していました。

それにしても気の抜けない危険な道だ。 

「夏の何日かだけ乾いた道が現れる」 と地元のおばちゃんが言っていました。



[広告] VPS




2013051807.jpg
千葉の秘境その2。 



2013051808.jpg
小湊鉄道線 月崎駅近く 素掘りのトンネル。



2013051805.jpg
秘境その2の素掘りトンネルを進んでいくとまた違った素掘りトンネルが現れる。 



2013051806.jpg
房総の林道には、まだまだたくさんの素掘りトンネルが残されているようです。



2013051815.jpg
秘境その3。 久留里線 久留里駅近く 怒田(ぬた)の素掘りトンネル。


 
2013051809.jpg
民家を抜け、カエルの鳴き声を聞きつつ、イノシシトラップ檻を見ながら歩くこと数分。



2013051810.jpg
入口から数メートルは立派なトンネル風だが・・・



2013051813.jpg
実際のトンネル内はこんな感じで真っ暗。



2013051814.jpg
同じ位置でフラッシュ撮影。  入って数メートル以降は手掘り感満載で不安感いっぱい。



2013051811.jpg
しかも登りになっていて出口がよく見えない。



2013051812.jpg
トンネルを抜けると、そこはもう数十年は手付かずであろうと思われ、かなり荒れ果てていた。



2013051816.jpg
秘境その4に向かう途中、XX号のテールランプが点かなくなるというプチトラブル発生。

昭和の匂いがプンプンなスーパーで休憩中に、昼飯前と言わんばかりにチャッチャと配線修正。



2013051820.jpg
昼食後、S秘境と呼ばれていた  関の犬岩へ向かう。



2013051817.jpg
観光地化しようとしているのか、富津市観光課の看板が立ってた。



2013051818.jpg
看板が無かったら絶対に分からないだろう道なき道をさらに進む。



2013051819.jpg
蜘蛛の巣や倒木をかき分け、足元が滑る中、慎重に降りて行く。



2013051821.jpg
秘境その4 犬岩に到着。



2013051822.jpg
足元のでかい岩盤が動くのにビックリ!



[広告] VPS




2013051823.jpg
最後は、鹿野山近くのT秘境。

トンネルの先には澄んだ川があり、生活用水にも使われているようですので、静かに見て静かに帰って来ました。





スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2013-05-18 : ツーリング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる