FC2ブログ

絡まる!

「ワイヤーロック錠が後輪ギヤ部に絡まった」 という修理。

甥っ子さんが盗難防止にワイヤーロックした自転車に、おじさんが気付かずに(見えなかった?)乗ろうとして壊した模様。 

あえて、イニシャルも出しませんが。 


waiya-00001.jpg
現状の確認    ガッチリ食い込んでいました。



waiya-00002.jpg
とりあえず、リヤホイールを車体から取り外す。

今回、気になったのは、赤→のワッシャ。

アクスルナットの締め過ぎ(完全にオーバートルク)で変形していました。 

過大な締付トルクにより、シャフトまで曲がっている車両も多く見受けられます。



waiya-03.jpg waiya-04.jpg
ワイヤーロック錠が小型で薄かったのが幸いし、ギヤカバーが割れただけの最小被害で済みました。



waiya-05.jpg
作業途中で、ゲリラ豪雨が降ってきた。 

交換したパーツを入れておいたトレー(仕舞い忘れ)は、あっという間にいっぱいに! 

今年も、傘なんか役に立たないぐらいの集中型ゲリラ豪雨が多くなるんでしょうね。



waiya-06.jpg
自転車の方はもちろん無事避難、完了しました。  



今回のケースは稀ですが・・・ (笑)

でも・・・実はコレと似た事例はよくある事なんです。

最近のワイヤー錠は、ものすごく小型軽量(地味で目立たない?)で、携帯するにはすごく便利・・・

でかくて派手なロックの方が、カギ掛かってるぞアピールは高いと思うが、携帯には不利。

施錠したのを忘れて?  開錠せず乗り出しちゃうパターンが多いようです・・・
(いつもはロックせずに乗っていて、たま~にロックするという方に多いようです。)

スポークを折ってリムを変形させたり、チェーンを破損させたり、フレームにキズなど・・・

先日、盗難防止にワイヤーロックでの二重ロックを推奨したばかりなんですが、

バイクでも自転車でも、開錠(解錠か?)忘れによるパーツ破損は多いです。

自分から積極的に壊さないように、気をつけましょう! 


スポンサーサイト



テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

2012-08-06 : 自転車 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる