FC2ブログ

シャリーホンダ

今日から6月のスタートですね。

17:15 外は真っ暗になり激しい雨が降ってきました。 

最近の天気は急変する事が多いですね。




ホンダ シャリー 「ウインカー点かない」という修理をしました。


このお客様は、千葉県からお電話をいただき、先日引き取りに行ってきた車両です。

「近所のバイク屋・シャリーの修理」 みたいな感じでインターネット検索し ・・・ 

当店菊地サイクルにたどり着いていただいたようです。

あらためて、インターネットってすごいですね。    

chaly0001.jpg
整備データ表を見ると、何故かシャリーとダックスだけは社名が後で車名が前に付いてる。

シャリーホンダ、ダックスホンダ・・・なんでだろう?

他のはホンダスーパーカブとかホンダベンリーとかホンダモンキーとかなのに・・・



chaly001.jpg
今回の修理、実はお客様から 「たまに点く時もある」 「両方のウインカーが点かない」 という重要なヒントをもらっていたので、大体の見当をつけて配線手術開始する事が出来ました。



chaly002.jpg
見事に的中しました!   たまにはこういう時もある。 (笑)

微妙ですが、切れた配線が、何かの拍子に繋がったりしていたのですね。



chaly003.jpg
全ての車両を確認したわけではありませんが・・・

ホンダ車の場合、灰色の線はウインカーの電源線になっているのが多いようです。

ちなみに、オレンジ色は左ウインカー、水色は右ウインカーの配線です。

例えば、オレンジ色の配線が切れていたら、左側ウインカーだけが点かなかった事でしょう。

この部分はステアリング(ハンドル)を左右に切るたびにストレスがかかりやすく、特に古い車両等で配線が固くなっているものは切れやすいです。

他の色だったら、電気が全く来ないとか、ヒューズが切れるとか、エンジンがかからないとか、また違った症状が出ていた事でしょう。

たまたま今回は、灰色の線だったので左右のウインカー全てが点かなくなったんでしょうね。



chaly004.jpg
半田でガッチリ固定し、熱収縮チューブを被せ、配線テープを巻いて元通りに。



chaly005.jpg
ウインカースイッチも他機種のが付いていたので、元々のスイッチへの付け替えです。

ハーネスがブッチ切られていたので、端子の装着をしました。



chaly007.jpg
スイッチ内の固定ビスも欠落していたので補充しました。



chaly006.jpg
ウインカースイッチの完成です。 



chaly010.jpg
リヤタイヤがツルツルだったので、オーナーと相談し交換となりました。



chaly011.jpg
この前の耕運機と同じで、シャリーホンダも合わせホイールです。



chaly012.jpg
いわゆる当時物のタイヤのコーションラベルが実にシンプルで潔くカッコいい! 

バッテリーのブリーザーチューブの通し方のコーションラベルも今では見る事の出来ない物。



chaly009.jpg
で、そのバッテリーはというと・・・

当然オープンタイプ (補水式 しかも6V!)

比較的新しいようでしたが、液は赤線までしか入って無かった。 

バッテリー液を補充し充電しました。

バッテリー保護のために、たまに補充しましょう!(6Vバッテリーは絶滅危惧種です!) 



chaly013.jpg
ガソリン漏れしていましたので、キャブレターパッキンの交換をしました。



chaly008.jpg
エアクリーナーの点検✓。  キレイでした。



chaly014.jpg
エンジンオイルの交換です。  結構汚れていました。

赤丸内にあるオイルレベルゲージでオイル量を測ります。



chaly015.jpg
バイクを真っ直ぐにした状態で、ゲージをねじ込まず、この範囲内に調整します。

当店では、乗り方等にもよりますが、最低でも走行距離3000Km or 6ヶ月 のどちらか早い方での交換を推奨しています。



chaly0016.jpg
チョークケーブルのアウターが破損していました。

ホンダの純正部品はすでに廃番だったので、アウターのみ創る事に。



chaly018.jpg
インナーケーブルとタイコ部分を切り離します。

今回の重要なポイントはインナーにコーティングがされているというところ。



chaly019.jpg
インナーケーブルを引き抜き、新しいアウターを同じ長さにカットして挿入します。

インナーケーブルが使えそうだったので一安心。



chaly0020.jpg
ワイヤータイコの製作。

真鍮棒を鉄ノコで切る。

使うのはこの小っちゃい方です。(笑)



chaly021.jpg
真ん中に雌ネジを切る。

何故かというと・・・



chaly022.jpg
今回は、インナーケーブルのコーティングに半田等の熱を加える事がイヤ(半田付けが下手糞)なので、このイモネジのみで固定する事にしました。

まぁ、チョークケーブルなので、万が一ズッコケたとしても危険は無しと判断。



chaly023.jpg
インナーケーブルを通し、イモネジで締め付ける。



chaly024.jpg
チョークケーブルの完成     

さっそく装着してみると・・・



chaly026.jpg
何という事でしょう 

アウター長過ぎ~ 

現物合わせで同じ長さにカットしたはずなんだが・・・

調べてみたところ、最初付いてたのが部品番号GB2で、この車両に本来付く物が部品番号124(廃番)なので、元々違う車種のものがが付いていたという事でした。



chaly027.jpg
もう一度、アウターを切りなおしました。 



chaly0025.jpg
今度こそ完成です。 

現存するシャリーで、ここにチョークがあるのは少ないと思います。(左ハンドルスイッチ部分にあるのが多い。)

ウインカーもちゃんと点いてます。 



chaly029.jpg

シャリーホンダ 完成しました。 



スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2012-06-01 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる