FC2ブログ

配線だらけ

ホンダ GL1500SE ゴールドウイング


「急にエンジンがかからなくなった」 という修理。

メインスイッチをONにしても、ニュートラルランプが点灯しませんでした。

その他の電装品、ヘッドライト・ホーン・ウインカー・ストップランプなどはOKでした。

gl03.jpg
まずは、ヒューズを確認しました。

今回の修理に関係無いものも含めると20個ぐらいあります。

カバー類を取り外して、怪しいところを片っ端からマルチテスターで点検。

それにしても配線がいっぱいあります。



gl012.jpg
ちなみにサービスマニュアル(整備説明書)の厚さは通常の3倍ぐらいでしょうか。

虫めがね片手に、数時間、配線図と睨めっこをしてしまいました。(笑)



gl004.jpg
このバイクはバックギヤが付いている車両。

黒いのがリバースレバーです。

写真の水平位置がニュートラルポジションで、引き上げるとリバースポジションになる。



gl05.jpg
リバースレバーの根元に付いてる、リバースレバースイッチが壊れていました。



gl07.jpg
新品部品が届いた後、分解して中の状態を確認してみました。

当然、非分解パーツ、無理やりこじって開けました。(どうしても中身を見たかったカラ~)

赤丸内の部品が折れていました。 

それにしても、頼りなく見える構成部品たちですねぇ~。

取付けスペースはたっぷりあるので、もうちょっとゴツく大きく造ってもいいのでは?



gl08.jpg
青矢印のシャフトが出たり引っ込んだりすることにより、破損したシーソー部品が前進の白/青か後退の黒/白と茶色を導通させて、前進・後退を切り替えているようです。



gl013.jpg
無事に、素晴らしく滑らかな水平対向6気筒のエンジン音が復活しました 

コピー商品や同じ様なもんがたくさんあふれてる昨今・・・

他に類を見ないエンジンのカタチや音 最高ですね 




スポンサーサイト



テーマ : 修理
ジャンル : 車・バイク

2012-05-24 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる