FC2ブログ

オイル漏れ

ホンダ CB650  オイル漏れの修理をしました。


cb650oil01.jpg
駐車して置くとエンジン下部にポタポタとオイルの染みが・・・

この時点ではオイルドレンのワッシャ違いには気づきませんでした。



cb650oil02.jpg
オイルパンとオイルポンプ周辺から漏れているようです。



cb650oil03.jpg
右側のエキパイ&マフラーをはずし、エンジンオイルを排出する。



cb650oil10.jpg
案の定、オイルポンプのパッキン廻りから大量に漏れていました。



cb650oil11.jpg
ケース側にも溜まっていました。



cb650oil12.jpg
オイルポンプを分解し、オイル漏れを止めて密閉しているゴム(Oリング)の確認。 

モチロン、Oリングが熱等により固くなり変形し、潰れていました。



cb650oil13.jpg
オイルポンプ清掃&点検し、全てのOリングを交換しましたが・・・

6個あるOリング中、1つがメーカー欠品でしたので、他機種で合うものを探しました。

これを見つけるのが大変なんです。(大きさ・厚み等) 



cb650oil04.jpg
当然、オイルパンのOリングパッキンも、やはり弾力が無くなり痩せちゃってました。



cb650oil06.jpg
長年の恨み・ツラミが ・・・ 来る~きっと来る~  by貞子3D

俺らの時、すげ~怖かったのは 「口裂け女」 でしたが ・・・

では無く、 スラッジ等も溜まっていました。



cb650oil08.jpg
ドレンワッシャがガバガバなのをここで発見。



cb650oil09.jpg
右が正規品です。 大は小を兼ねない 



cb650oil05.jpg
オイルパンの合わせ面とオイルストレーナー等を点検しました。

30年以上前のバイクなので、綺麗な方だと思われる。



cb650oil07.jpg
オイルパンを清掃しました。 



cb650oil14.jpg
キレイになったオイルパンに、新品のゴムパッキンを組み合わせ、取り付ける。



cb650t01.jpg
新品エアバルブとタイヤを交換しました。 



cb650t02.jpg

新品はいいなぁ~      





スポンサーサイト



テーマ : バイク屋さん日記
ジャンル : 車・バイク

2012-05-07 : バイク : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カウンター

検索フォーム

プロフィール

自転車新ちゃん

Author:自転車新ちゃん
1964年式 前期モデル タイプB
北相馬郡守谷町大字守谷甲(現守谷市)に
生まれる。
高校卒業後4輪の専門学校にて
整備士免許を取得。
それから伝説の「ホンダSF押上工場」にて
丁稚奉公留学生(修行)
超マニアックな先輩たちに囲まれ、
2年半バイク整備にドップリ浸かり、
大変お世話になり、現在に至る。
2011年より苦手なブログに挑戦。

郵便番号:302-0110
所在地:守谷市百合ヶ丘3丁目2784-20
店舗名:菊地サイクル
TEL:0297(48)0364
FAX:0297(45)8170
定休日:火曜日及びイベント日
営業時間:午前9時~午後6時(延長戦あり)

茨城県自転車技術検定合格店  第0009号
自転車組立整備士番号     08-2102
古物商(オートバイ商)  第401270000955号
二級二輪自動車整備士    2に第0401032号
低圧電気取扱修了証番号  第E10111554号

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる